アニメ.エ口ゲーなどの感想が多いです。 ↓メニューバーです


    20120620101300

     

     

     タイトル
    オーデュボンの祈り
      出版社
      新潮社   発売日   2003/11
      著者   伊坂 幸太郎   イラスト   ???
      評価
      ★★★(3.7)

     

     

     

     

     

     

    ※5.0点が最高得点

     

     

     

    <あらすじ>

    コンビニ強盗に失敗し逃走していた伊藤は、気付くと見知らぬ島にいた。江戸以来外界から遮断されている“荻島”には、妙な人間ばかりが住んでいた。

     

    嘘しか言わない画家、殺人を許された男、「未来が見える」カカシ。次の日カカシが殺される。無残にもバラバラにされ、頭を持ち去られて。未来を見通せるはずのカカシは、なぜ自分の死を阻止出来なかったのか?

     

     

     

     

     


    20120616154142 

     

    <あらすじ>

    “―嘘つき。神様の癖に”かつて蛇に巻き憑かれた少女・千石撫子。

    阿良々木暦に想いを寄せつづける彼女の前に現れた真っ白な“使者”の正体とは…? “物語”は最終章へと、うねり、絡まり、進化する―。

     

     

     

     


2012/06/14

【レビュー】灼眼のシャナ 19巻

Category:ライトノベル

Keyword:

    20120610094542_compressed

     

     タイトル
    灼眼のシャナ 19
      出版社
      電撃文庫   発売日   2009/9/10
      著者   高橋弥七郎   イラスト   いとうのいぢ
      評価
      ★★★(3.0)

     

     

     

     

     

     

    ※5.0点が最高得点

     

     

     

    前期でアニメが終了してしまった「灼眼のシャナ FINAL」

    最終回がすんごい良かったので、小説を読まなくてはと思い立ちました。

    (といっても19~22までを購入。クライマックスだけ分かればなと)

     

     

     

    アニメは良かった灼シャナ。

    しかしシャナの小説には、いい思い出がないのです。

     

    以前一巻を半分まで読み、あまりの文章のひどさに積み本となった苦い過去。

    そして半分までしか読まなかったそれは、ブックオフに投げ捨てという凄惨な現実。

    精算後、100円という名のお駄賃を握りしめてました。

     

     

    いい思い出です。まる。

     

     

     





template by SEO