アニメ.エ口ゲーなどの感想が多いです。 ↓メニューバーです

TOP > 今日見たアニメ > 六花ちゃんにありったけのありがとうを │中二病でも恋がしたい 12話[最終回]

    12話│終天の契約(エターナル・エンゲージ)

    中二病でも恋がしたい 12話 (5)

     

     font (3)

     

     

     

     

     

    中二病でも恋がしたい 12話 (あ)中二病でも恋がしたい 12話 (6)中二病でも恋がしたい 12話 (7)中二病でも恋がしたい 12話 (8)中二病でも恋がしたい 12話 (9)中二病でも恋がしたい 12話 (10)中二病でも恋がしたい 12話 (13)中二病でも恋がしたい 12話 (14)中二病でも恋がしたい 12話 (15)中二病でも恋がしたい 12話 (16)中二病でも恋がしたい 12話 (17) 

     

     

     

     

     

    あなたとは同じになりたくないっていうこと

    中二病でも恋がしたい 12話 (18)

     

    中二病とは、違うのかもしれなけれど

    なんかこう、自分は人とはちがう
    自分だけは気づいているから、特別だーとか


    そういうのにすごい囚われているっていうか

     

     

    人は自分が特別な存在だと、思いたいもの。
    自分が取るに足らない存在、そんな事実がすごく嫌なんですよね。

    だから没個性に耐え切れなくて、無個性なんてものにはなりたくなくて、普通なんてものに嫌悪しちゃうんです。

    だって「普通」っていうことは、自分に価値が無いっていうことですから。「みんな」という一言でひとくくりにされてしまう存在ですから。
    渋谷のスクランブル交差点で、もぞもぞとうごめいている群集をを見て「あんな有象無象とは自分は違う」と思ったり。学校や会社という狭いコミュニティの中で「こいつらと俺は違う」と見下してしまったり。



    誰だって自分に価値を見出したい、価値ある存在だって思われたい。
    世界を救える正義の味方に、1000年を生きた魔女に、時間を操れる能力者に、アバンストラッシュを打てる自分に。


    そこまで行かなくても、勉強やスポーツ、会社の肩書きからTOEICの点数、mixiの友達登録数などなど。街を見渡せば「私は違うんだ」と胸を張ってる人がいっぱいです。誰も彼も自分の自慢話ばかりに夢中になっています。


    数多の人間は「特別になりたい」と思っているのです。

    なぜか?簡単です。




    あなたとは同じになんかなりたくない」から。



    誰かと同じにはなりたくないんです。
    あなたとは、違う存在になりたいんです。
    それも、あなたより上位の”特別”な存在になりたいのですよ。

     

     

    そして、このことを丹生谷森夏はこう言い表します。

     

    中二病でも恋がしたい 12話 (2)

    ほら、冨樫くんも私も中二病を卒業して、高校時代はふつうの高校生をやるぞっーて思ってたわけじゃないじゃない

    まあな


    でも、それだってきっと、そういう普通の高校生みたいなイメージを自分で勝手に作ってそれに囚われているのよ


    何が言いたいんだよ

    別に


    ただ結局、人はいつも何かに病んでいるのかなーって

    深いな

    浅いのよ……冨樫くんが

     


    ―――ただ結局、人はいつも何かに病んでいるのかなーって

    特別になりたいと希求する気持ちが、”中二病”なんだとしたら皆がみんな、そんな病に罹っているのでしょうね。

     


    ここの勇太と森夏の会話でも、そんな”病”が表れています。

    ただ結局、人はいつも何かに病んでいるのかなーって
    深いな
    浅いのよ……冨樫くんが



    森夏は最後に「冨樫くんは何も分かっていないんだね」と自分はそんなことを分かってる特別な人なんだよと主張して終わってるところがなんというか皮肉っくてます。

    これは勇太だけを馬鹿にしているんじゃなくて、森夏自身を含めた人間全員を馬鹿にしている気がします。



    ―――ただ結局、人はいつも何かに病んでいるのかなーって
    こんなこと言ってるわたしも病んでるんだけどね
    あなたもわたしも、ね


    とそんな風に。

     


     

    中二病でも恋がしたい 12話 (4fe)中二病でも恋がしたい 12話 (45)中二病でも恋がしたい 12話 (46)中二病でも恋がしたい 12話 (47)中二病でも恋がしたい 12話 (48)中二病でも恋がしたい 12話 (49)中二病でも恋がしたい 12話 (50)中二病でも恋がしたい 12話 (51)中二病でも恋がしたい 12話 (53)中二病でも恋がしたい 12話 (54)中二病でも恋がしたい 12話 (55)中二病でも恋がしたい 12話 (56)中二病でも恋がしたい 12話 (57)中二病でも恋がしたい 12話 (58)

     

    自分を特別だと思うことは、悪くないっていうこと

    中二病でも恋がしたい 12話 (fds)

     

    お前は全てを達観し、諦め、ただ目の前に見えるものを享受するだけの、愚かな一般人に成り下がっているかもしれない。

    そんな気配を今、俺は感じている。
    だからこの手紙を書いた。

    ダークフレイムマスターよ
    騙されるな

    お前には力がある。
    お前は闇の王・邪王によって選ばれし存在
    誰でもない

    お前は特別なのだ


    ”お前は特別なのだ”

     


    さっきの話では、特別だと思うことは悪いみたいな論調でしたが違うのです。
    自分を特別だと思うことで、生きる気力や明日へ向かう勇気が得られるなら、それはきっと悪いことじゃないんです。


    現実ってとても辛いものです。
    嫌なことがあっても悲しいことがあっても、変えられないことばっかりです。変えたいリアルがあっても、自分という無力な個体はどうあっても、何も変えることができない。

    そうした諦めは心を駄目にしてしまいます。無力感は心を蝕み、虚無感は精神を覆う檻となって身動きがとれなくなっていきます。何もできないと思うことは、それだけで自分を損なっていくんです。



    けれど自分は”特別”だと、”リアルを変えることができる力を持っている”とそう思えるだけで、それを信じることで

     


    自分が視ている世界は変わる」んです。瞳に映る現実を変えることができる。

     

     

     

     

    中二病でも恋がしたい 12話 (34)


    だから六花は右目に眼帯をつけた時から、自分を信じたんです。



    自分が、自分の望む世界を見つけられるって、こんな現実を変えることができるって。大好きだったパパにもう一度会えるんだって。

     

     

     

     

    font (3)  


    六花は本音を言えない自分じゃなくて、自分が本当に大好きになれるもう1人の自分を作りだした。「邪王真眼の使い手」というもう1人の六花を、そしてそれがたとえ現実逃避だとしても、それで彼女は救われた。


    特別だと思うことで他の誰でもない自分を救えるのなら、きっとそれはとても大事なことなんです。


     

    中二病でも恋がしたい 12話 (59)中二病でも恋がしたい 12話 (60)中二病でも恋がしたい 12話 (61)中二病でも恋がしたい 12話 (62)中二病でも恋がしたい 12話 (63)

    パパに別れを告げても残る幻想世界

    中二病でも恋がしたい 12話 (gof0)


    六花は不可視境界線の向こう側にいる、父親にようやく会うことができた。別れを、さよならと告げることができた。



    だから本当なら、ここで六花の中二病は終わりなんです。卒業と言ってもいいかもしれない。だって彼女は願いを叶えたのだから。


    けれど、六花はまた眼帯をつけた。

    中二病でも恋がしたい 12話 (tkk)


    これはきっと「こっちのほうが楽しいから」と彼女は思ったんじゃないですかね。



    邪王真眼の使い手という大好きになれる自分、
    その右目から覗くセカイは、魔法と異能があるそんな幻想風景。

    それを分かってくれる恋人もいるし、それを一緒になってふざけあえる友達もいる。

    つまらないセカイを視るより、楽しいセカイを視たい!っていう、六花の気持ちが現れている。

     

     

    ナレーション

    中二病でも恋がしたい 12話 (tjre)

    それは生まれてから死ぬまで、人の中で永遠と繰り返される
    果てしなく繰り返される

    悲しくて、恥ずかしくて、愛おしい
    自意識過剰というなの病

    自分という名の避けては通れない営み

     

    そう

    人は一生、中二病なのだ

     

    「中二病でも恋がしたい」というアニメは最後にこう伝えたかったんだと思います。


    中二病は「特別」なことじゃなくて、「普通」なことなんですよと。それは誰でも当たり前のように思っている”特別”になりたいと望む心であると。”現実”を変えたいと欲する願いだと。

     

     



    ありがとう

    中二病でも恋がしたい 12話 (44)

     


    この三ヶ月、本当に本当に楽しかったです。毎週楽しみで仕方なかった「中二病でも恋がしたい」。

    六花の笑顔ににやけて、勇太と一緒に中二病だったときの恥ずかしさにうわああとなって、早苗のお馬鹿っぷりに笑って、森夏のやさしさにうるっとして、枕先輩と一色の抜けたところににやりとして、十花さんの心境に痛さを感じて、泣いて怒って悲しくなって笑って、うん、そんな心を動かされた、良いアニメでした。

     


    2012年、この一年間でいちばん大好きなアニメでした。

     



    このアニメを作ってくれた人に感謝を。六花ちゃんにありったけのありがとうを、ここに残します。

     

     

     

    ほんとうにほんとうにありがとうございましたっ!!

     

     


    中二病でも恋がしたい 12話 (37)中二病でも恋がしたい 12話 (38)中二病でも恋がしたい 12話 (39)中二病でも恋がしたい 12話 (40)中二病でも恋がしたい 12話 (42)中二病でも恋がしたい 12話 (43)中二病でも恋がしたい 9話 (9)中二病でも恋がしたい 10話0013[1] (10)中二病でも恋がしたい 9話 (36)中二病でも恋がしたい 12話 (61)

     

     

     

    中二病でも恋がしたい 12話 (5)

     

     

     

     

     

     

     

    現実っていうのはとてつもなく冷たいものなんだ │中二病でも恋がしたい 11話

    まともじゃないのは六花か、それとも十花のほうか:中二病でも恋がしたい 10話

    セカイは二人を中心にぐるぐると回りつづける:中二病でも恋がしたい 9話

    夢を見続けちゃいけないのか? :中二病でも恋がしたい 8話

    消えろきえろきえろ現実なんて消えてしまえよっっ!!中二病でも恋がしたい7話。

    六花ちゃんの笑顔がステキすぎるよ―中二病でも恋がしたい!5話。他ハヤテ、絶園



    ● 記事を共有する


    よく読まれている新ブログの記事。

















トラバ

最後に救われた六花と救うことができた裕太を見て涙しました。
キャラクター一人一人が生き生きしてるアニメだったなと思います。
思春期ならではの甘酸っぱいラブコメ、くらいで見てましたが、それだけではなく人の弱さや強さを教えてくれた気がします。

しっかし裕太かっこ良かったし六花可愛かったですね~
>タフさん

>最後に救われた六花と救うことができた裕太を見て涙しました。
キャラクター一人一人が生き生きしてるアニメだったなと思います。 <
本当に良かったでよね。六花が勇太に憧れて中二病を知った時の、勇太の独白、勇太が六花にみせる「Vanishment this world」もううるるしっぱなしでした。
良いアニメでした。


>>思春期ならではの甘酸っぱいラブコメ、くらいで見てましたが、それだけではなく人の弱さや強さを教えてくれた気がします。
しっかし裕太かっこ良かったし六花可愛かったですね~<<

それわかりますw6話まではラブコメだったのが、7話になってガラリと雰囲気が変わったので驚きました。こういう人の脆さ、弱さ、そして強さを魅せてくれる作品に出会えて本当今年はいい年でした!

六花ちゃん可愛すぎですよねw

「Vanishment this world」

正直震えましたね~w

あ、ソードアートオンラインの記事は書かれる予定あるのでしょうか?
もしあれば嬉しいです。

お時間と気分が乗ればぜひ、お願いしたいです
>タフさん
>>あ、ソードアートオンラインの記事は書かれる予定あるのでしょうか?
もしあれば嬉しいです。

お時間と気分が乗ればぜひ、お願いしたいです<<



SAOはもう書く予定はなかったのですが、そう言ってくださるなら最終回の一本を書かせていただきます。
(しかし残念ながら、まだ最終回が私の家では放送されてないこの悲劇!)

なのでごゆるりとお待ちいただければなーと思います(=^ ・ω・)
ほんと気が向いたらでいいですので…

中二~見れただけで感謝ですし。
いえ背中押してもらった感じなんで、気にしないでください└(゚∀゚└)













         template by SEO