アニメ.エ口ゲーなどの感想が多いです。 ↓メニューバーです

TOP > 個別ルートのレビュー > いろとりどりのセカイ 観波加奈

    いろせか 観波加奈 えいろせか(311)

     
    評価│★★(2.9)

     

    無駄に長く、そんなに面白くなかった加奈の物語。
    これも合わせて4つの感想記事を書いてきましたが、どれも低評価。残るは真紅のみ。彼女が唯一の希望です。


    希望になって真紅ちゃん!

     

     


     

     

     

    話が長いうえに、面白くなかった


     いろせか 観波加奈 (311)

     

    無駄に長く、そんなに面白くなかった加奈の物語。

    物語概要


    遠い昔に悠馬と”約束”
    加奈は異世界に飛び、記憶を蝕まれ、あゆむに出会う
    異世界から元の世界へと帰還
    悠馬と再会、約束を果たそうとする
    御霊送り
    過去を告白
    あゆむが奇跡を起こす
    END



    いや、そもそもいろとりどりのセカイで面白かった話なんてないことに気づいた。

    キャラ達の繋がりなんて皆無なのに有るかのように振る舞うウソっぽさ、キャラ同士の会話は薄っぺらく、”設定”を随所に感じさせる物語の構成。

    会話劇も楽しくないし、魅力的なキャラクターはほんのひとにぎり。こんなの面白いわけないじゃないですか。

     

     

     

     

    加奈にどうも拒否感が生まれる→声OFFで乗り越えました

     観波加奈 (1)

     

     プレイ日記3日目でも言ってるのですが、どうも私は加奈のことが好きになれないみたいです。
    いろとりどりのセカイの共通ルートが終わり、加奈ルートに入ってもそれは変わりませんでした。


    「やばい、このままじゃ楽しむことができない」


    と脳裏が過ぎったので、ボイスオフを施行してみることに。
    結果、拒否感やイラッとする感じ、不信感がだいぶなくなりました。

    ・・・あれ?
    声優さんが悪かったのかな・・・これ・・・。



    そういえば「処女はお姉さまに恋してる」ときも加奈の声優さんがいました。あの時もどうも声が受付なかった思い出がありますね・・・。(春香さんごめんね)

    処女はお姉さまに恋してる Win7対応版
    処女はお姉さまに恋してる Win7対応版

     

     

     

     

     

     

    白と蓮也の恋路は、今までのルートと比べても一段と甘かった

     観波加奈 (105)

     

    たったいま出会ったばかりの筈の人間に、私は嫌われたくないと。


    白さんの少女時代から蓮也の恋路までのお話は、一段と甘かったです。

    澪、鏡、つかさ、加奈ルートを終えたわけなのだけれど、この4人の恋愛が霞んでみえるほどに濃厚だった。

    すごい良かった。
    こんな短い回想で、白と蓮也の孤独感から甘酸っぱい恋路を描けるなんて侮ってました。孤独感を感じてる白さんが少しづつ、寂しくなくなって、幸福いっぱいになる様子は本当にこっちが幸せな気持ちになりました。

     

    というか! これを他のルートでも実現してくれれば良かったのにorz

     

     

     

    親子愛

     観波加奈 (124)

     

    良かったね。美味しそう。ちゃんと御礼は言った?
    うんっ
    でも、いっぺんに全部食べちゃったらダメよ? 少しづつ食べようね?

    うんっ、わかってるっ。お母さんにも何かあげるねっ


    白さんが感じてる、蓮への愛おしさが現れていた。
    なんかこういうの本当弱いんです。ちょっとうるうるしてしまった。

     

    全部うそ

    観波加奈 (198)


    名前も、
    約束も、
    悠馬が好きだっていうことも、全部うそっぱちだった。


    うそぱっちの大好き。

    恋。


    なんというかなにかを象徴しているような気がするのは気のせい?その何かが分からないですけど。




    ひどい

    観波加奈 (308)

     

    (――部屋の隅っこに挟まれるような感じで、真紅が暗く座り込んでいた。両膝を抱えた体育座りで)

    ひどい

    ひどいぞ悠馬

    私がいるのに、それなのに、あんなこと……
    昨日の夜だよ。いきなり加奈とあ、あんな、エッチなことを……

    ……ぐず


    悠馬と加奈のえっちを見て、ふさぎこんでいる真紅。そして最後にはぐずっと泣きだしてしまう。そんなにエッチ嫌いなんですね真紅ちゃん。

    恋というものを知らない真紅は多分すんごーいプラトニックなんじゃないですかね。純血で、純情で、純愛な、恋を夢みちゃうんだと思います。

    性行為なんてものは、傍から見たら美しくなんてないですしね、もうこいつらなんか盛ってるよ、ねちょねちょだよどろどろだよみたいに見えるんじゃないですかね。

    さらに相手は半身である悠馬と、その知り合いの女の子ってもう―――寝取られ展開にも見えなくはないような。


    まとめ


    ・加奈を好きになることができなかったので、感情移入度が激減
    ・加奈のお話は、どこもかしこもつまらなかった


    加奈が好きな人ほんとごめんなさいごめんなさい。なんかもう真紅とつかさと澪ちゃん?くらいしか好きになれなかったです。

    更にいうと真紅が圧倒的すぎなのと、それ以外の女の子が水準以下の魅力なのです。真紅と他の子の差がありすぎます。

     


    <参考>



    他の、いろとりどりのセカイの記事はこちら
    いろとりどりのセカイ 感想│ 悲しいときは手をつなぐ。そういう決まりだ
    いろとりどりのセカイ 如月澪 感想
    いろとりどりのセカイ 観波加奈
    いろとりどりのセカイ 東峰つかさ 感想
    いろとりどりのセカイ 敷島鏡 感想


    ● 記事を共有する


    よく読まれている新ブログの記事。

















トラバ














         template by SEO