アニメ.エ口ゲーなどの感想が多いです。 ↓メニューバーです

TOP > 体験版レビュー > 運命が君の親を選ぶ 君の友人は君が選ぶ 体験版感想│ 占いはオカルト? 科学?

    運命が君の親を選ぶ 君の友人は君が選ぶ【予約特典:朝用えっちなおはようドラマCD付き】
    運命が君の親を選ぶ 君の友人は君が選ぶ


     

    そう、運命とは重力――
    可能性断片引き寄せる力――

    それが集まり、巨大な塊とならない限り
    人は自由に生きられる
    寄る辺ない虚ろな歩みであったとしても
    あなたは進むことができる


    時間が示す、その

     

     

     

     

    <!> 占いの力で理想の未来を見つけ出す、本格占いADV。

      プレイ時間
      4時間
      製品版を買いますか?   買わない…かな(悩)
    原画 月音 , T-RAy
    シナリオ 藤木隻(西連寺十郎、祝十郎)
    音楽 I’ve
    声優 涼森ちさと(御桜 枢) , 杏子御津(雪都 梨鈴) , shizuku(道明寺 えこ) , 美空なつひ(真白 未来)
    その他 松島詩史(ディレクション)

    公式HP│運命が君の親を選ぶ 君の友人は君が選ぶ

     

     

     

     

    このゲームのポイント

    ・『占い』の見方が変わる
    ・ダレなかったが、どこが面白いのか分からない
    ・『猫撫ディストーション』のときと同じく演出が良い


    占いについて学びたいなら、買う価値あり?!

     

     

    PV 運命が君の親を選ぶ 君の友人は君が選ぶ

     

    運命が君の親を選ぶ 君の友人は君が選ぶ9

     

    ↑御桜 枢(くるる)が、このゲームで一番可愛いです。にゃへへww

     


    <!>体験版に触れていきます。

     

     

     

    わたしは、わたしになった

    運命が君の親を選ぶ 君の友人は君が選ぶ (2)


    昔、むかし――。
    光と影がゴチャゴチャに混ざっていた頃――。
    時間と太陽と月が、同じ一つの意味だった頃――。
    たぶん、そんなある日のこと――。


    わたしは、わたしになった――。


    初めて――。
    こうして今『考えて』いるわたしが――。
    わたしだと気がついた――。
    わたしは『わたし』という存在に気がついた――。



    その気付きが、
    どうやって訪れたのかは忘れてしまったけれど――。

    わたしは、わたしのカタチを認識した――。
    わたしと、それ以外のモノを区別することをしった――。

     


    『運命が君の親を選ぶ』のライターさんは『猫撫ディストーション』と同じ人です。

    猫撫から思ってたのですが、この世界誕生(?)の文章が大好きすぎて困ります。光と影がごちゃごちゃ、その気付きがわたしを私にしたとか、なんかもうゾクゾクします。


     

    か、可愛いー。

    運命が君の親を選ぶ 君の友人は君が選ぶ (11)

    運命が君の親を選ぶ 君の友人は君が選ぶ (76)


    絵いいですね、ほんと萌えって感じがします。

     

     

     

    太極の両義

    運命が君の親を選ぶ 君の友人は君が選ぶ (32)

    わしは何年もこの日が来るのを待っていた

    いや来ることは最初から知っていた。ただそれを待つ時間が長すぎた

    全ての準備はもう完了している
    手続きも登録も問題なく済ませてある
    あとは受け入れるだけだ
    そして動き出すだけだ
    相反する二つの風が回り始める時
    そこには既に、新たな万象が生起されていると知れ

    それこそが生まれたての宇宙だ

     

    梨鈴(ピンクの女の子)のお爺ちゃんは、易者さん。乾兌離震巽坎艮坤(げんだりしんそんかんごんこん)を用いて未来を占うらしい。

    正直わたしもよくわからん。


    そんなお爺ちゃんがいう言葉も、よくわからない。
    風? 生まれたての宇宙? さっぱりだ。

    しかしwkwk感はある。

    梨鈴よ、お前に教えたこの言葉――

    太極は両義を生ず
    これを今一度、思い出すがいい
    自分の在るべき場所はなく、自分もまたここには在らず

    この宇宙に形在るものは無く、運命もまた変化流転の泡影なり

     

    太極図ってきくとまず思い出すのは、陰陽魚のあれ。白と黒がS字に分かれている図。で両義というのは、その白と黒のことを言ってるのかな――と思ったけど、どうも違うみたいだ。

    じっちゃん何言ってるかよく分からない。だがしかしワクワクするのですよ。

     

    八卦=シュレディンガーの猫?

    運命が君の親を選ぶ 君の友人は君が選ぶ (106)


    要するに運命なんてのはな、サイコロを振った時に決まんのよ

    卦が出た瞬間にブワーっと世界の一切合切が、ポンと生まれると……まあ、そんな感じだ

    ほれ量子ナントカってのも言ってんだろ? 観た瞬間に世界が変わるとか、それと同じよォ

    まあ、こっちは五千年前からとっくにそーゆーこと言ってんだけどな、ガハハハハ!


    風水とか占星術とかタロットだとか言う、「占い」関係は一切合切そんなにそんなーに信じてないんですけど、シュレディンガーの猫といわれると親近感を覚えます。


    自分が慣れ親しんでるものが、拒絶感あるものにも垣間見れれば、なんとなく許せてしまいますね。ふむふむ。

     

     

     

    因縁果

    運命が君の親を選ぶ 君の友人は君が選ぶ (50)

    未来っていきなり急に決まるのかな?

    (なにかが起こった瞬間に世界が生まれる?)
    (世界は生まれ続けている?)

    (でも待って、それじゃ『運命』なんて……。)
    (どこにも無いってこと?)

    ――

    ああ、それか……、またその勘違いか

    ……???

    それはな、運命が見えたんじゃない、縁が見えたんだよ
    ――

    あのな、例えて言うなら種と花の関係だよ。種を土に蒔いたら、やがて育って花が咲くだろ?

    でもな、ただ種を蒔くだけじゃ花は育たない。育つためには必要なものがある……何だと思う?

    お水とかお日様とかですか?

    そう、それ。それが『縁』というものだ
    縁を蒔いたことが原因で、花が咲くという結果に至る。原因があるから結果がある。
    これを『因果』って言うんだけど、だいたいみんなここまでしか知らん

    本当は『因縁果』と言ってな、
    真ん中に『縁』がなければ結果は生まれないんだよ

    うむ、だから運命は無いってのもあながちウソじゃないぞ。所詮、人間にどうにか出来るのは『因』『縁』までだ

    運命を決めるのは、人と地球と神様だよ

     

    勉強になります。

    『縁』と『運命』は違うのね。ここらへん考察して、夢いっぱい膨らませそうだ。


    あと未来を当てる(と言ってる)のは占い師。
    運勢を当てるのは易者なんだそうな。

    易は宇宙のシュミレーション。
    六十四卦を読み解くのは気象予報士の仕事と同じ、風邪の動きから天気を予測するようなもの。

    勉強して、経験を積んで、直感を磨いて、それでようやく風を読めるようになる。
    耳を澄ませれば、風に乗った遠くの音も聴こえてくる。
    そうしてこの宇宙の流転変化を――。
    運と不運の巡りあわせを読み解いてゆく。
    それがじっちゃんの占いだという。

    占いっていうとどうしても『オカルト』のイメージが強すぎて拒絶しちゃうんだけども、こう言われると自然に許容できちゃう。科学も絶対なんかじゃありえないのにね、ドクサてるよーあうあう。

    風水は統計学と聞いたけど、乾兌離震巽坎艮坤(げんだりしんそんかんごんこん)もそういう意味では似ているのかな?


     

    タロットは運命を作るフローチャート


    運命が君の親を選ぶ 君の友人は君が選ぶ (74)

     

    あたしには未来は分からない

    あたしは『手順』を示してあげるだけだよ、このカードを使ってさ

    行きたい未来への手順ってこと?

    そう、この並んだカードを見て、何かに似てると思わない?

    んん???
    これって『フローチャート』に似てない?

    あたしね、タロットは運命を作るフローチャートだと思ってるんだ

     

    お守り乾電池

    運命が君の親を選ぶ 君の友人は君が選ぶ (89) 

    お守りはな、神様のパワーが入った乾電池なんだよ


    いいなーこういう感性。なんというかこう聞かされると、正体がわからない『オカルト』もだいぶ馴染んできます。だいぶ抵抗がなくなってきますね。

    元からそんなに拒否感はないんですが、他人に薦められるオカルトと、自分で摂取するオカルトは違うからなーとかとか。

     

     

     

    AXIS(枢軸)

     

    運命が君の親を選ぶ 君の友人は君が選ぶ (107)

    『天と地を同じ世界に繋ぎ止め、
    過去と未来を現在に結びつけるもの』 

     

    『AXIS(枢軸)』

     

    枢軸―――それはなんていうか『縁』って感じがする。因と果をつなぐような。似たような性質の言葉なのかな?

    そういえば『運命は君の親を選ぶ』では、たびたび『蝶』が出てくる。占いや運命では、蝶はどういった意味を持つんだ?

    たしか蝶には魂とかいう意味もあるとかなんとか。ほむ。

     

     

    灰はこの世で一番キレイなものだから


     

    運命が君の親を選ぶ 君の友人は君が選ぶ (64)

     

    いっそこのまま全てが焼け焦げて

    灰になってしまうのはどうでしょう?

    灰はこの世で一番キレイなものだから
    それは悪くない考えだと思います

    ただの死よりも
    少しだけ美しいと思います。


    枢は詩人だあね。こういうの好きですよ。

     

     

     

    捻れ

    運命が君の親を選ぶ 君の友人は君が選ぶ (141)

    ――あれは変な場所だったよ……。
    ――うん、捻れていた……全部。
    ――ぞうきんを絞ったみたいに。
    ――壁も点かも、空気も臭いも。
    ――たった一つの窓から差し込む、月の光さえも。

     

    人間の頭の中ってさぁ……たぶん……。
    ――そういうのを『観た』時に切り替わっちゃうんだよ。
    ――現実よりも、ほんのちょっとだけズレた……。
    ――どこか『別の現実』を観るように‥…。

     
    このシーンがどういう意味を持つのかほんとサッパリだけど、期待しちゃうな。こういうワクワク感を出せるのは、すごーいと思うのですよ。

    この"切り替わっちゃう”っていうのが共感できて、ああああって感じです。

     

    神様

    運命が君の親を選ぶ 君の友人は君が選ぶ (153)

    神の声を聞くために山を造り、
    それが不要となると取り壊す……

    何が『神様』だ……、この国の神は、
    まるで人間のしもべじゃないか……

    神様なんて乾電池みたく、用がなくなったらポイなのかもしれませんね。使えるだけ使って、消費するだけ消費する。そんな日用雑貨と変わらないのかも。

    人間を幸せにしてくれない神様なんて、要らないのですものね。



    おぱい

    運命が君の親を選ぶ 君の友人は君が選ぶ (154)

    いいおっぱいda・・・・・・(感動)


    運命とは重力


    運命が君の親を選ぶ 君の友人は君が選ぶ (164) 

    そう、運命とは重力――
    可能性の断片を引き寄せる力――
    それが集まり、巨大なかたまりとならない限り
    人は自由に生きられる
    寄る辺ない虚ろな歩みであったとしても
    あなたは進むことができる


    時間の矢が示す、その先へ 

     
    運命とは何か、占いとは何か、いろいろな概念が一新し刷新されていくこの感覚はほんとうに気持ちがいい。

     

     

    まとめ

    ・ 占いの見方を変えたいなら、買い
    ・ 枢(くるる)が可愛い
    ・ 教養ゲームぽい?



    こうむくむくっと買いたい衝動が湧きませんでした。もし買うとしても、プレイしたいゲームが終わってからですかね。

     

    <参考> 

     

    運命が君の親を選ぶ 君の友人は君が選ぶ
    【予約特典:朝用えっちなおはようドラマCD付き】

    運命が君の親を選ぶ 君の友人は君が選ぶ【予約特典:朝用えっちなおはようドラマCD付き】


    ● 記事を共有する


    よく読まれている新ブログの記事。

















トラバ














         template by SEO