アニメ.エ口ゲーなどの感想が多いです。 ↓メニューバーです

TOP > 体験版レビュー > 紅蓮華 体験版レビュー&感想│ 人のいとなみに憧れた化け物のモノガタリ

    紅蓮華(ぐれんか) 初回限定版
    紅蓮華(ぐれんか)


    ……化け物のわしがこうして健気に約定を守っておるのに、そのぬしが疑うのではなぁ

       

     

     

     

     

     

    <!> 妖と人が紡ぐ純愛伝奇ゲーム

      プレイ時間
      2時間
      製品版を買いますか?   買うかもしれないです
    原画 ねこにゃん
    シナリオ 桐月
    声優 桃井いちご(相原 沙織) , 夏野こおり(エウスリーゼ) , かわしまりの(くおん) , 秋野花(永月 文香)
    上田朱音(三田 春名) , 白月かなめ(八重) , 佐々留美子(アリーセ) , 宮沢ゆあな(飯塚 香夏子) , 鶴屋春人(久那崎 理奈)
    柚木ヒロ(桂木 恭一) , 小次狼(藤岡 直人)
    歌手 佐咲紗花(主題歌 「BLAZE MOMENT ~紅蓮浄華~」)
    その他 桐月(企画・原案)

     

    公式HP│ 紅蓮華 -ぐれんか-

     

     

     

    このゲームのポイント

    紅蓮華――gurenka (81)


    ・伝奇物。妖怪などが好きな人はぜひ! (伝記じゃないよ?)
    ・環境音をうまく使った演出がイイ!
    ・いい味出してるキャラクターが多い。

    おしいところ


    ・世界設定の説明がわかりにくい。

     

    OP 『紅蓮華』

     

     
    熱いです!

     

     

     

    <!>体験版に触れていきます。

     

     

     

     

    プレイ中の雑感コーナー

     

    タイトル画面

    紅蓮華――gurenka

     

    おお……なんか和風って感じがします。いい雰囲気なのですー。

    この画面が何かに似てるなーと思うんですけど、なんでしょうね? んんー。

     

     

    いいおっぱいだ・・・

    紅蓮華――gurenka (3)

     

    冒頭から女の子(くおん)の裸体が見れるわけなのだが、良い感じのぷっくり感がたまりまry(ヘンタイ

     

     

     

    背景の塗りがとてもいいのです

    紅蓮華――gurenka (26)


    この岩のなかに先の少女(くおん)が封じられている。


    その岩や木漏れ日などの、塗り技術がとても良いのです。こういう背景あると、伝奇のわくわく感が促されます。wkwk

     

     

    捕食と友達と

    紅蓮華――gurenka (36)



    岩の封印が解け、くおんは主人公に襲い掛かってくる。いや、喰らいかかってくる。



    くおんは人間を喰うバケモノ。人を「食べ物」としか見てない妖物。少女のなりをしているが、人とは大きくかけ離れた存在なのだ。


    くおんにバリボリと躰を喰われながら、思った。

     

    なぜ人間を喰うことが出来るのだ?

     

    そう、なぜくおんは人間を喰えるのか? と私は思った。それはバケモノだからとか妖物だからとかじゃない。くおんと主人公の”いま”の関係は、捕食者と被食者の関係が成り立っている。


    喰らう側と喰われる側に、分かれている。


    それは人間だってやっていることだ。喰う動物と"喰わない”動物がいる。犬や猫だ。 日本では犬や猫は、食料として見ない。だが、他国では平気で食べてるところもある。なぜか?

    私たちにとって、犬猫は友だちだからだ

     

    そして、くおんは人間を友だちと見ていない。もしこの「捕食者と被食者」の関係が覆るとすれば、”くおんが人間を友だちだと認めたとき”なんじゃないだろうか。



    ああ早く、くおんと友だちになりたいっ!


    紅蓮華――gurenka (50)

     

    そしてさっさと服を来てもらいたい!!


    今は畜生以下の存在で「ふっ犬猫に見られて恥ずかしいやつがおるか?」って感じなのね。

    それを「ちょ……おまっ!!////」と恥ずかしがっている姿を見たいのですw

     

     

     

    対等な関係――約束を守ること

    紅蓮華――gurenka (69)


    悪い……けど、お前があんな――

    殺したと思うたか?

    ――う
    (そして大げさにため息をつく。)


    ああ……化け物のわしがこうして健気に約定を守っておるのに、そのぬしが疑うのではなぁ


    喰う側と喰われる側であった、主人公とくおんの関係が壊れつつある。

    くおんが守っている約束は「人を殺すな」というものだ。もちろん彼女は一方的に守らされているだけだ。断ろうと思えば断れるし、破ろうと思えば破れる。

    その場合、主人公と戦争になるのだが。(今ではくおんと同等に戦える)


    だけど、くおんは約束を守っている。メリットとデメリットを判断してだろうが、破っていない―――これはもう対等な関係と言ってもいいんじゃないだろうか。


    「約束を守る」

     

    もしくおんが主人公のことを、馬鹿にしていたり人間ごときがという感情を備えていたなら、約束は守らないんじゃないかなと思う。メリットデメリットを天秤にかけてくれる、それが唯一の証左なんじゃなかろうか。


    もう、くおんは彼を、友だちのようなものだと認めてくれているのかもしれない。


    紅蓮華――gurenka (100)

     

    くおん可愛いよかわいいよ!

    ねこにゃん(原画)さんの女の子はやっぱり可愛いのです。

    ですが男性はやっぱり下手だなと思うのです。

     

     

     

     

    紅蓮華――gurenka (18)

     

     

    !!

     

    おわり

     エロスケを見てみると中央値が75と高得点なので、安牌なんじゃないですかね。いつかヤりたい!



     

    <参考> 

    紅蓮華(ぐれんか) 初回限定版
    紅蓮華(ぐれんか) 初回限定版


    ● 記事を共有する


    よく読まれている新ブログの記事。

















トラバ














         template by SEO