アニメ.エ口ゲーなどの感想が多いです。 ↓メニューバーです

TOP > 体験版レビュー > 木洩れ陽のノスタルジーカ 体験版レビュー&感想│ 人と機械が共存するそんな未来――

    木洩れ陽のノスタルジーカ [Raggio di sole nostalgico] 初回限定版


     

      

     "この子をもう一度動かせるようにしよう――!”

     

     

     

     

    <!>空想科学組立少女アドベンチャー

      プレイ時間
      2時間30分
      製品版を買いますか?   買うかも。悪くないです

    ―――
     

    原画 のり太
    シナリオ 嵩夜あや(メイン・原作原案・シナリオ統括・ディレクション) , 田中一郎(サブ) , assault(サブ) , 森崎亮人(サブ) , 眞条崇司(サブ)
    音楽 Elements Garden(BGM)
    声優


    昴舞愛(島津 朗) , 青山ゆかり(沢渡 一姫) , 有栖川みや美(カヤ=フリューリング) , 雪都さお梨(フローライト=アルヴェガ) , 菜ノ花さくら(しねま、エルダー・セレスタイト=アルヴェガ) , 逢坂良太(島津 翔太)

    北都南(ゼオライト=アルヴェガ、秋狐), まきいづみ(島津 篝理) , ほうでん亭ノドガシラ(左門 清十郎) , 海原エレナ(七里塚 早弓,Q) , 青葉りんご(小鳥遊 圭) , 巌蝉秋(左門 宗矩)

    歌手 佐咲紗花(OP曲 「Eternal Wish」) , 霜月はるか(ED曲 「真昼の月」) , 茶太(挿入歌 「可視光線」)
    その他 yo-yu(OPムービー)
    公式HP│ 『木洩れ陽のノスタルジーカ』

     

     

     

     

     

    このゲームのポイント

     

    木洩れ陽のノスタルジーカ (21)


    ・舞台は2485年のセカイ。人と機械が共存するそんな未来。
    ・「メトセラ」と呼ばれ、感情をもった機械が存在する。
    ・主人公にボイスあり。(システムでOFFにできない)


    主人公の声は「俺修羅」で活躍中の声優さんだよ!

     

     

    おしいところ

     
    ・特になしです

     

     

    OP

     

     
    うわー録音環境いいんじゃないですかねこれ!!
    ヴァイオリンの弦の音がイイ!! 


     

    『木洩れ陽のノスタルジーカ』の3つの良さ

     

    1)TIPS画面が優秀です

    木洩れ陽のノスタルジーカau


    なんつー親切なゲームづくりなんですか!w


    分かり難い、聞いたことがない単語は、別ウインドウにて説明してくれます。これは有難いです。


    ただ、文字が小さいんですよね⊂⌒~⊃。Д。)⊃アウ

     

    2)世界観の構築がイイ!

    木洩れ陽のノスタルジーカ (20)


    ←にいるのは、清十郎という友人。 彼について考えている主人公。

    顔は良いのに残念だ……と、クラスの女子たちからは「残念グリーン」と呼ばれいたりもする。

    考えてみると渾名だらけなんだよな、清十郎って。

    グリーン:この時代に於ける「色男」の俗語。
    「イケメン」のようなもの。


    俗語なんて「要らない」設定だけど、世界観を強めているんですよね。奈須きのこ先生の「膨大な設定で世界観を構築したけど、半分も出さねーから!」みたいな気概を感じますw



    用語では他にもあります。


    木洩れ陽のノスタルジーカ (15) 

    ステロプシス : この時代に於ける裸眼立体視映像の総称。本来「ステオプシス」と発言するべきところなのだが、日本人らしく文章を無視して発音が変形した。


    細かーですw



    こういう小さなところを煮詰めることで、物語へのリアリティが増すのでしょう。

     

    3)機械と人間が共存するセカイ

    木洩れ陽のノスタルジーカ (10)

     

    まだメトセラという種族がこのセカイに"誕生”してから五十年しか経っていない。

    だから、この機械の友人に対する人間の風当たりというものは、彼らに対して時折厳しいこともある。


    「メトセラが人間と較べて優秀なのは解り切ってることなんだし、学校でも成績順位からは除外扱いされてるのにね。何が気に入らないのかしら」

    「人間と同じ姿をしている化け物だから……とは、一ノ瀬の言だが、云っていることは、私にも理解出来る」


    「人の姿をした異分子……か」



    この世界では「メトセラ」という、人の形を模した機械が"い”る。

    私たちが思い描く「アンドロイド・ヒューマノイド」という概念に近い。だが異なってる部分もある。


    それは「自立思考の有無」だ。


    メトセラは自らの意志で思考し、自らの意思で行動することができる。分かりやすくいえば「機械の身体を持った知的生命体」なんだそうだ。


    ―――

    体験版本編で言っていなかったが、ようは「感情」があると考えていいんだと思う。

    人間ていうのは、最善で最短の方法を知りながらも、「感情」によって最悪の方法を選ぶ生き物。ノイズの固まりであり、ゆらいでいる動物なのだ。


    その"ゆらぎ”を機械に与え出来たのが、メトセラ。メトセラという知的生命体。 感情が存在する機械―――面白い!

    <!>体験版に触れていきます。

     

     

     

     

    プレイ中の雑感コーナー

     

     

    人工皮膚の保護

     木洩れ陽のノスタルジーカ (23)


    主人公たちが隠し部屋で見つけたのは、50年前に造られた「ヒューマノイド」だった。 


    彼女(?)がロープで吊るされているのは「長期に亘って保存をする場合は、皮膚に圧を掛けないようにしないといけないから」と語られている。


    私見ですが、これって寝かせちゃ駄目なのかな? と思います。ロープで引っ張るにしたって、引っ張られる箇所が痛みそうなので。わざわざ立たせなくても、いいんじゃないですかね。

     

     

     


    キミは何処にいる?

     

     木洩れ陽のノスタルジーカ (2)

    そのキミの脳みそを操っている……"キミ”は何処にいるんだい?

    だって、"キミ”の存在はレーダーにもセンサーにも掛からない。見つかるのは肉体と液体と微弱な電流だけだよ

    何だか怖くなってきたって? そうだね、実のところ、ボクもとても怖いんだ

    ボクたちが”心”であることは解ってる。でも、それは何処にあるのか……?

     

    ある少女はこう言い。

    心だと思っていたものは、実は塩水の中を飛び交っているただの電気信号だったのです! きゃー!

     


    ある機械少女はこう言う。

    確かに私の判断部分は中央演算部と決まっている……しかし、人間も脳と脊髄にその機能は集中しているのではなかったか?

     


    この"心”は何処にあるのか? なんて質問を考えると、頭がこんがらがってくるんですよね。電気信号で指を動かせるなら、その動かそうと思った"私”はどこにいるのか。


    どこにいるんだろう・・・。

     

     

     

    翔太の声

     木洩れ陽のノスタルジーカ (7)

     
    疑問に思ったのが、主人公・翔太の声。


    彼、喋ったり喋らなかったりするんです。ある場面では、いきなり声が入ったり。途切れたり。

    CG絵の時では流れないのに、日常会話で唐突に割り込んできたり。謎です。

    ミステリー作品なら、ここで「神視点」になっているかどうかを気をつけるべきなんでしょう。気をつけてみましたが、文章はどれも「主観的文章」でした。


    これはバグ? 欠陥?

     

    いえ、多分これは重大な伏線なんじゃないかなと考えます。理由は前述した「心は何処にあるか」という問題に繋がっている気がします。

    気になりますねえ。

     

     

     

    フロゥえっちいのです・・・///

     木洩れ陽のノスタルジーカ (61)

     

    真ん中のおっぱいの弩級のデカさも気になりますが、やっぱりフロゥ(銀髪)の服装に目がいきます。


    なんたるえっちいさ!

    腕出しへそ出し太もも出し! フロゥって硬派な性格だから、こういう露出度が高い服装しないと思ってたんですよね。そのギャップに萌えなのですw

     

     

    おわり

    丁寧な作りこみを感じるゲームでした。いつかやりたいのですよ。



     

    <参考> 

    木洩れ陽のノスタルジーカ
    [Raggio di sole nostalgico] 初回限定版

    木洩れ陽のノスタルジーカ [Raggio di sole nostalgico] 初回限定版


    ● 記事を共有する


    よく読まれている新ブログの記事。

















トラバ














         template by SEO