アニメ.エ口ゲーなどの感想が多いです。 ↓メニューバーです

TOP > 体験版レビュー > 夏の終わりのニルヴァーナ 体験版レビュー│ 魂を裁く物語

    夏の終わりのニルヴァーナ【Amazon.co.jp限定オリジナル特典付き】[アダルト] 


    刹那で永遠なこの世界で、彼女たちは

    ―――大切な何かを見つける

      

     

     

     

     

     

    <!>業を背負ったヒロインを裁く物語

      プレイ時間
      20分 (途中で打ち切りました。理由は後述)
      製品版を買いますか?   買うかも!
    ―――
    原画 大野哲也 , 杏奈月(SD原画)
    シナリオ 亜麻矢幹(まろにぃ)
    音楽 I’ve(BGM) , solfa(主題歌)
    声優 小鳥居夕花(久遠) , 夏野こおり(橘 美羽夜) , 桐谷華(ノノ) , 三代眞子(九条院 玲亜) , 不破弥莉亜(如月 那由)
    青山ゆかり(千手観音) , 小森さくら(奪衣婆)
    歌手 Ceui(主題歌 「夏の終わりのニルヴァーナ」)
    その他 大野哲也(企画、監督) , ふみや(シナリオアシスタント)

     

    公式HP│ 夏の終わりのニルヴァーナ | PajamasSoft

     

     

     

    このゲームのポイント

    夏の終わりのニルヴァーナ (10)


    ・主人公は閻魔大王さま
    ・ヒロインは咎人。自らの業を裁かれる。
    ・BGMがクラシックアレンジ。とても良い!

     

     

    ■おしいところ

     
    ・体験版でのつまみ食いシステムが、気に食わなかったのです。

     

    OP

     

    間違いなく良曲です。
    Ceuiさんの声ほんっといいなあ。 
     

     

    さくっと『終わりの夏のニルヴァーナ』紹介

     

    1)体験版では、雰囲気しかつかめない


    夏の終わりのニルヴァーナ (1)

    体験版では↑画像のように、1つ1つのシーンをつまみ食いする手法が取られてます。 ストーリーを連続で進めることができません。

    こういう手法は、流れがぷっつんぷっつん切られます。そのせいで話の内容が分かり難い。あまり好きな手法じゃないです。


    ちょっとイラっときたので、20分という短時間で切り上げてしまいました。

     

    2)BGMはクラシック中心

    夏の終わりのニルヴァーナ (29)

     

    おなじみのクラシック・「新世界より」や「G線上のアリア」、がアレンジBGMとして使用されています。

    クラシックと聞くと「古典音楽ぅ?」と眉をひそめる方もいるかもしれませんが、これが中々に良いです。

    数百年経っても色褪せず、大勢の人に愛されているクラシックは音楽として完成されています。理屈うんぬんではなく、音を楽しめるのです。私は、胸の奥底を揺さぶってくる感じがとても好きです。


    そんな音楽をゲーム中ずっと聞けるのですから、至福なのです! これだけで購入候補になりました。うん、というかCDが欲しい、どうしよ。


    クラシックをBGMに取り入れているといえば、『G線上の魔王』も有名です。このゲームでクラシックを買い漁るキッカケになったのはいい思い出です。(もちろんにわかですが!)

     




    <!>体験版に触れていきます。

     

     

     

    主人公の名前は、カルマ様

    夏の終わりのニルヴァーナ (33) 

    よく聞け。俺様は、第一級仏尊。・天従二位・十二天南将格、閻魔大王こと耶摩天の息子、カルマ様だ


    ひどいDQNネームですが、彼は閻魔大王なんでなんら不思議ではありません。英語というのが不可思議ですが。


    閻魔大王・カルマの目的は、亡者を裁くことみたいです。

    あ、あいつ、あれだよな。

    亡者。

    俺様が裁く、ふたり目の魂魄!

     

     

    裁ききれない魂たち

     

    夏の終わりのニルヴァーナ (47)

    程度の差こそあれ、すべての魂は必ず濁っている。

    長く生きれば生きるほど。
    苦しめば苦しむほど
    歪めば歪むほど。

    魂は罪と業(カルマ)で包まれて濁るのだ。
    こいつも多分に漏れない。
    同じだ。

     

    カルマの意向しだいで、ヒロイン達は「天国逝き」か「地獄行き」かが決まるんでしょう。



    ただヒロイン全員が、自分の犯した「業」を忘れています。部分的に記憶が欠落している、「記憶喪失者」なのです。


    これではカルマは、彼女たちにどんな罪があり、どんな業があるか分かりません。つまりは裁く事が出来ない。


    故にどうにかして「思い出させる」ところから、物語ははじまる―――んだと思います(ここで体験版切りました)




    絵柄は独特?

     

    夏の終わりのニルヴァーナ (45) 

     

    夏の終わりのニルヴァーナ (44)

     

     

    ヒロインたちのキャラ造形は独特です。


    金髪ドリルリボンデカとか、胸囲とウエストの差がやたら激しいところとか、密集している乳とか、そんなことが気になります。

    特に、千手観音(下画像真ん中)がすごいです。一目見た瞬間から拒絶感が出てしまいました。溢れ出る年増臭にメガネを加えたそのセンス、ド派手な色彩感性に露出度高めのその服装。


    常人には、いえ私には理解できぬ見た目でした。⊂⌒~⊃。Д。)⊃アウアウア

     

    ……独特というよりは、私がただ単に気になるだけ、かもしれません。

     

     

    おわり


    『ニルヴァーナ』っていう時点で買い、クラシックを起用している時点で買い、評価高めという情報で買いなのです。


    体験版であまり内容は掴めなかったのですが、ストーリーがとても気になるので買っちゃうと思います。

     

     

    <参考> 

    夏の終わりのニルヴァーナ
    【Amazon.co.jp限定オリジナル特典付き】

    夏の終わりのニルヴァーナ【Amazon.co.jp限定オリジナル特典付き】[アダルト]


    ● 記事を共有する


    よく読まれている新ブログの記事。

















トラバ














         template by SEO