アニメ.エ口ゲーなどの感想が多いです。 ↓メニューバーです

TOP > 今日見たアニメ > ヨスガノソラ 12話。近親相姦の最果てで、穹たちは何を視る? (4572文字)

    ヨスガノソラ 12話 よすがのそら (12)

     
     

    ……私はそんなのどうでもいい
    ハルと一緒ならそれでいい!!

    他にもいろんな問題があるのは知っているけど全部どうでもいい !!



    ……現実はそんなに簡単じゃないよ

     


    じゃあ難しい現実は切ればいい!!

     

     

     

     

     

    「近親婚」は受け入れてもらえない

    ヨスガノソラ 12話 (4)

    やっぱりやめよう。
    キスも、それ以上のことも。

    なんで
    なんでって、僕たちは、……兄弟だから

    今更なに

    どうして兄弟でキスしちゃだめなのセックスしちゃいけないの

    ……それはっ

    皆に受け入れてもらえないから?!

     

    先日、『親族の基本構造』という要約文章を読んだ。


    これによれば、社会が血縁者同士の婚姻を禁忌とするのは、なにも遺伝的問題だからではないそうだ。

    初期の、分化前の社会では親族同士が密集する。助け合うことで、生存効率を高める。しかし、「他の部族」と接触したとき人は争ってしまうそうだ。

    敗北・痛み分けした部族は財産を強奪される。強奪者側しか得をしない。この事実は、闘争は実に分の悪い賭けということでもある。

    そこで「交換」という概念が立ち現れる。交換とは効率的な闘争である。何を交換しても良い。まったく価値がないような加工された枝きれでもいい。


    根源的に最も交換価値のあるものが、女性だ。


    一族の維持に欠かせないのはもちろん、男性から見ても魅力は尽きない。親族内の女性に対して、性的欲求を満たす行為は、血筋の閉塞を意味する。

    近親婚がタブー視されたとき、親族内の女性は外部へと移動する。他部族との婚姻である。そして、返礼として相手部族から女性を迎える。平和的に解決された痛み分けの戦争と呼べるんじゃないだろうか。

    さしたる損害もなく、他部族と平和な関係を結べるからだ。


    +++++

     

    前置きが長くなったが、私が近親婚での問題は「交換」「血縁の閉鎖」「遺伝的問題」の3つがぱっと思いつく。

     

    先の「交換」の概念は知識として知らずとも私たちの血脈に流れているのかもしれない。故に”近親婚はダメだ"という意識が立ち上るんじゃないだろうか。

    今はないが政略結婚などもその例だろうし、なにより近親婚では”あらたな家族"が出来ない。血縁の閉鎖というより、自分たちが困ったとき助けてくれる人は多いほど良い―――そんなふうに考えているのかもしれない。


    次に遺伝的問題だ。

    もし、兄妹同士で結婚をし、子宝に恵まれたとしよう。遺伝的問題―――つまり、奇形児などを出産する問題がなくなったとき、「近親婚はタブー」じゃなくなるのだろうか?

    愛があるから好きだから、そういう感情の理屈だけで社会は容認してくれるのだろうか?

    おそらく前述した「交換」「血縁の閉鎖」という概念がある限り、タブー視は免れないと思う。


    うん、そうなんだ。

    近親婚は、「社会」は受け入れてくれないんだ。そう私は結論付けた。

    個人個人なら近親婚を是としてくれる人もいるだろう。しかしそれはやっぱり少数なのだ。大多数の人は「近親婚」という言葉を聞くだけで、眉をひそめる。私だって例外じゃない。

    愛があっても、好きだという感情があっても、やっぱり受け入れてもらえないものなんだ。




     ヨスガノソラ 12話 (13)

    ……私はそんなのどうでもいい
    ハルと一緒ならそれでいい!!

    穹……

    他にもいろんな問題があるのは知っているけど
    全部どうでもいい

    何があったってハルとの子どもなら私はっ

    現実はそんなに簡単じゃないよ


    じゃあ難しい現実は切ればいい!!

    ―――っ


    ソラは何を言っているんだろうか? 私はこう思う。

    ”社会が私たちを阻むなら、社会なんていらない。二人だけで一緒にいよう"


    そう言っているんだ。社会という大多数から、倫理から、法から、すべてを切ってしまえと。

    ……

    …………簡単に言うなよ……。


    ハルの言うとおり、これは現実的な案じゃない。だって実際にどうする? 自分たち以外が存在しない場所なんて、もうこの現代社会には限られている。

    たとえそういう場所を見つけたとしても、どうやって生きていく? 食べていく? 自給自足?―――簡単じゃないよ。全然簡単じゃない。

    …………

    ……

     ヨスガノソラ 12489 (2)

     

    1人づつなら引き取ってくれるって言われた

    なにそれ まさか

    別れよう

    ―――その方が幸せになれる

     
    ハルの決断は立派だよ。だってもうこれしかないじゃん。本当の幸せは消えるけど、最大公約数的な、仮初の幸せなら手に入れられる。

    それで満足しようよ、ね ソラ―――と。


    もし二人が兄弟同士で結婚をしたらどうなるか。社会に属している間は、偏見の目で見られ、奇異な態度を取られ、異物として扱われるに違いない。そんなふうにして生きていかなきゃいけない。

    その事実は、敵地のまっただ中で暮らすことと同義だと思う。彼女らはこう思うんじゃないだろうか、二人だけで世界と抗っているとそんなふうに……。

    そんな状況下で、ハルとソラは幸せになれるわけがない。

    ……こんなこと思いたくないけど、もうどうしようもないじゃん……どうすることもできない。


    ……だから、ソラが人生のやり直しをはかったとき頷いてしまった。もうそれしかないと。

    我がさよりひめ神社の奥宮がある湖は
    全てのはじまりの場所と伝えられ、淤能碁呂島より先に人間が生まれてきた場所とされておる 。

    そこに行けば、再び生まれ変わって、人生をやり直せるのじゃー!


    ヨスガノソラ 12話 よすがのそら (6)

    ヨスガノソラ 12話 よすがのそら (9)

     

    そう、もう死ぬしかない。”ここが"兄妹での恋愛を受け入れてくれないなら、妹ではなくなる人生へとやり直すか、受け入れてくれる別の所を目指すしか無い。

    ……ソラは見限ったんだ。現実を。



    ソラとハルはこのあと湖で溺れ、後に陸地で目を覚まします。しかしこのとき二人は




    死んだんじゃないか


    と私は思っています。



    湖で溺れているとき、ハルはこう言っています。

    ごめん、ソラ
    助けてやれなくて
    でもこれで良かったのかもしれない

    ふたりで、だれもいない、遠い世界にいければ


    アキラ達には「外国に行ってきます」という旨のメールを送ったきり、ハルとソラには誰も会っていません。ハルが言う遠い世界が外国ではなく、死の世界だとしたらどうでしょうか。


    ヨスガノソラ 12話 よすがのそら (26)

    彼らがいう旅路が、死の国への道のりだとしたら?
    現実世界ではない旅だとしたら、腑に落ちることがたくさんあります

     

     

    1つ。ソラは母の形見である人形を引き裂いた

    ヨスガノソラ 12話 よすがのそら (2)


    ソラはこの人形を肌身離さず持ち歩くくらいに、大事にしています。この街に来てから、ずーーっと。

    それをぼろぼろに引き裂いた。しかし、12話の最後では、ソラはしっかりと黒うさぎのぬいぐるみを抱きかかえています。


    ヨスガノソラ 12話 よすがのそら (22)

     

    このぬいぐるみが何体もある可能性を考えましたが、そうすると奈緒姉ちゃんの回のときの、火事になってもぬいぐるみを救出しようとしたソラの行動がおかしくなってしまいます。

    この世界に1つしかないからこそ、1つだけの母の形見だからこそ、ソラは大事にしているはずです。



    また、引き裂いた後、縫い直した(=復元)という可能性もあります。しかしこれも否定されるべきです。

    なぜなら、ソラとハルが外国に行ったと聞いたのち、アキラたちは彼らの家に行って、ぬいぐるみが引き裂かれている、そこにあるのを目撃しているからです。

    ヨスガノソラ 12話 よすがのそら (15)
    ヨスガノソラ 12話 よすがのそら (16)



    現実世界ではぬいぐるみを引き裂こうとも、死の世界ではそれは復元するのかもしれません。

     

     

     

     

    2つ。友人たちがソラの家に訪問したとき

    ヨスガノソラ 12話 よすがのそら (14)


    ソラとハルが外国へ行ったあと、友人たちは彼らの家を訪問しています。そのときハルの部屋には、布団がひきっぱなしであり、ソラの部屋では家具が乱雑なままです

    もし二人が本当に外国へ行ったとするならば、後片付け・旅行の準備をするんじゃないでしょうか?


    それと二人は、なぜ仲間たちに相談をしなかったのかが一番気になります。自分たちの問題、もしくは金銭の問題、そういうのを”誰にも"話していない。

    ……思うに、もう二人は見限ってしまったんじゃないでしょうか。現実を、自分たち二人以外の存在すべてを

    でもこれで良かったのかもしれない

    ふたりで、だれもいない、遠い世界にいければ



    …………

     

    ……

     

     

     

    ふたりきりになった穹と悠は幸せだったのだろうか

    ヨスガノソラ 12話 よすがのそら (23)



    私が言っている死亡説は、ようはこういうことを言いたかったんだと思います。

    ”死ぬことでしか、穹と悠はふたりきりを認められなかった"と。

    こことは違う、よく似た別の場所。別の世界でしか彼女たちは幸いを得ることができない。ここじゃ、この現代社会では彼女たちは受け入れてあげることができない。死ぬことでしか、二人は二人きりになれなかった。母親との思い出を引き裂き、友人たちを切り捨て、現実を見限って、二人は二人の世界を得た。ならそれはきっと幸せなことなんだと、私は思います。

    ……そうですね、それはなんというかとても、きついことです。……「死」という選択肢しか与えられなかったっていうことですから、この死亡説はそういうことを指しています。…



    例え二人が死んていなくて、生きていたとしたら幸せになってほしいなあ……と思います。ええ。本当に。

     

     

     

     



    好きだよソラ
    わたしも、だいすき





     

     

    ヨスガノソラ―――妹とのよすが(縁)を兄とのよすが(縁)を一途に必死に大事にした兄妹の物語。

     

     

    ヨスガノソラ 12話 よすがのそら (12)

     

     

     

     

     

    …………

     

    ……

     

     

     

     

    sora yosuga

     

    はい。ということで『ヨスガノソラ』視聴終わりましたー。ここからはこの作品の感想を、だらだらと語っていきます。オフレコだよ?(謎)

    お薦めされた通り、BGMがとても良かったです。ヴァイオリンの弦とかほんとうに心に響きます……。アニメの映像という観点からだと正直イマイチでしたけど、BGMは本当に良かったです。OST買いたいなあ……。

    ヨスガノソラは、性愛を真正面で描いて、兄妹の恋愛の難しさを見せたかったのかなと思いました。ただ、性愛の描き方が”生き汚く"見えたのは私だけでしょうか。

    SEXするのは、美しいわけではない。傍からみるととても汚く醜くおぞましい何かだ、という言があります。ヨスガノソラはそれを……まあなんというんでしょうええ、たぶん狙って描いたんじゃないでしょうかねー(棒)

    あまり性欲を刺激されなかった私としては、Hシーンが流れるたびに「あーまたはじまったぞー(白目)」とな感じで視聴してました。(いくらなんでも回数が多いうえに、描写に文句があります!w)


    エロくないHは、罪悪に等しいのですよ(ぎらぎら)

    ―――

    視聴して良かったか? と聞かれると素直に「YES」と言えないのがもどかしく感じます。

    近親婚、社会、などのテーマ性は好きなんですけど、それを相殺するくらいのHシーンの微妙さ、キャラデザの残念感が目に余りました。

    けど、決して悪くない作品です。

    名作でも傑作でもないですけど、話しの種にしたいくらいの作品だなーと思いました。


    記事を見てくれて有り難うございましたm(_ _)m

    ちなみに、Twitterでもヨスガノソラを1人ごちているのをまとめてみました。良ければどうぞ!
    ヨスガノソラ(アニメ)ラストは本当に胸にきました……編。 - Togetter



     

     

     

    ヨスガノソラ、雑感コーナー

     

    男性ってほんと弱いんだよねえ……

    ヨスガノソラ 12話 (3)

     

    学校での倉永さんからの言葉。
    おじさんからのメール。
    穹と自分の今後のこと。

    そういう心を押し潰していく現実を抱えると、とたんに男性は参っちゃうような気がします。そしてこういうときなぜか女性は強い。

    参っているハルの背中を、よしよしとさするソラ。この二人のやりとりは、男女間の縮図に見えます。


    近親相姦への生理的嫌悪

     

    ヨスガノソラ 12話 (2)

     

    あんなの変だと思います。
    人としておかしいです。

    私は春日野くんが好きでした。
    優しくて真面目で素敵な人だと思っていました。
    でも、もう二度と話しません!

     

     

     

     

     

    ヨスガノソラ 12話 よすがのそら (12)

     

    怖かったんだ。二人の行く先になにが待っているのか。 今でもぼくはどうすればいいのか、答えが出せない。

    だから、二人で探さないか。一番気持ちを大切にできる道を。 僕はどう言われてもいい、どんなに苦しくてもいい、ソラが一番幸せになれるようにしたい。

    好きだよソラ
    わたしも、だいすき

     

     

     

    ヨスガノソラ 12話 よすがのそら (13)

        

    みんな元気ですか?

    僕らはやっと空港からバスに乗ったところです。地元の路線バスや、ローカル線も何回か乗り換えて、三日後位にはようやく目的地です。

    両親が仕事でお世話になった家具職人さんがいる街で。ぼくらは頑張っています。幸せになれるように

    ―――

    ありえねえよな。ふたりきりで外国で暮らそうだなんてさ

     

     

     

     

     

    <参考>

    ヨスガノソラ 1 [DVD]
    ヨスガノソラ 1 [DVD]
    posted with amazlet at 13.06.01
    キングレコード (2010-12-22)
    売り上げランキング: 59,848
    ヨスガノソラ 初回限定版
    Sphere (2008-12-05)
    「ヨスガノソラ」サウンドトラック
    Sphere (2009-02-27)
    売り上げランキング: 3,131
    ヨスガノソラ 春日野穹 抱き枕カバー
    Sphere
    売り上げランキング: 173,910


    ● 記事を共有する


    よく読まれている新ブログの記事。

















トラバ

べるんさん全話視聴お疲れ様でした!

・近親相○が禁忌で社会から認められない理由
・悠と穹『死○説』

私も殆ど同じ考えです。

三流のハッピーエンドよりも一流の悲劇を好む自分は
ラストの畳み方はいい意味でしみじみと来ました。
委員長ちゃんの反応も非常にリアルで、生々しくて…。
原作ではなんやかんやで皆に受け入れられ暖かいハッピーエンドになるそうですが
やはり私的にはアニメの方が至極現実的で、観ていて「まあ、そうなるわなあ……」と、重い溜息つきながら一人で納得してました。

>あーまたはじまったぞー(白目)」とな感じで視聴してました。
私は放送当時、一話の最後(穹が脱ぐトコ)観て「ああ、このアニメはこういう系の作品なのか…( ´_ゝ`)」と失笑混じりに気付き
ttやとらドラ!後半のような本格恋愛作品を観る時とは打って変わって、肩の力思いっきり抜きさながらエ○ギャグ作品視聴するノリで見始めたんですが
その分、物語の幕の締め方に心底意表突かれたのを覚えてます。
「えーーー!?この作品エ○だけがテーマじゃなかったの!?」って(苦笑)

>名作でも傑作でもないですけど、話しの種にしたいくらいの作品だなーと思いました。
ですねー。
少なくとも、これからまた別の近親恋愛作品が世にでて、人気になる度
「実は近親ネタでいうとこういう作品があってさー」と話のネタに挙げられるんじゃないかと。

>BGMは本当に良かったです。OST買いたいなあ……。
謎のURLをば つhttp://www.nicovideo.jp/watch/sm14984704
OSTは円盤特典で、CD単体が一般発売されているわけではないので集めようとしたらヤフオクなり駿河屋を使うしかないですね(^^;
あんなにいい曲あるんだからこのマーケティングには惜しいなあと悔やまざるを得ませんが;;
>>紅茶さんへ
べるんさん全話視聴お疲れ様でした!

―――
● はいー、ありがとうございますっ!w

―――

・近親相○が禁忌で社会から認められない理由
・悠と穹『死○説』

私も殆ど同じ考えです。

三流のハッピーエンドよりも一流の悲劇を好む自分は
ラストの畳み方はいい意味でしみじみと来ました。
委員長ちゃんの反応も非常にリアルで、生々しくて…。
原作ではなんやかんやで皆に受け入れられ暖かいハッピーエンドになるそうですが
やはり私的にはアニメの方が至極現実的で、観ていて「まあ、そうなるわなあ……」と、重い溜息つきながら一人で納得してました。

―――
● ありきたりでお仕着せのハッピーエンドはもうお腹いっぱいですものねっ。Hシーンを挿入したことにちゃんと意味があったのは私的に素敵でした笑

アニメでは、「死◯」とすると途端に心が重くなりますし、「生存」としても”二人きりで外国に行った"なんて非現実的でこれはこれで、「生存しているけど→死に行った」とも取れて……なんか現実的ですね……。

―――

>あーまたはじまったぞー(白目)」とな感じで視聴してました。
私は放送当時、一話の最後(穹が脱ぐトコ)観て「ああ、このアニメはこういう系の作品なのか…( ´_ゝ`)」と失笑混じりに気付き
ttやとらドラ!後半のような本格恋愛作品を観る時とは打って変わって、肩の力思いっきり抜きさながらエ○ギャグ作品視聴するノリで見始めたんですが
その分、物語の幕の締め方に心底意表突かれたのを覚えてます。
「えーーー!?この作品エ○だけがテーマじゃなかったの!?」って(苦笑)
―――

● 多分私も紅茶さんにお奨めされなければ、その感想だったのは間違いないですw 
えっちい描写をいれたことで多くの人に見てもらえたのかもしれないですが、個人的にはtrue tearsのようにしっとりと描いて欲しかったなーと……。

だ、だってこのアニメ、ポテンシャル高いですよ!!wテーマ性もそうですけどBGM・背景も良いです。あとは穹ちゃんENDだけをじっくりやってくれればなーとアニメ界の近親物のの金字塔になれたかもしれないのに……(言い過ぎ?!)

―――

>名作でも傑作でもないですけど、話しの種にしたいくらいの作品だなーと思いました。
ですねー。
少なくとも、これからまた別の近親恋愛作品が世にでて、人気になる度
「実は近親ネタでいうとこういう作品があってさー」と話のネタに挙げられるんじゃないかと。

―――
● ヨスガノソラを引き合いにだして、語る近親アニメの感想―――とてもおもしろそうですね(ごくり)

そういえば、近親恋愛もののアニメってぱっと思いつきませんね……(最近だとましろ色……いやあれはぱんにゃ物語でしたね)


―――

>BGMは本当に良かったです。OST買いたいなあ……。
謎のURLをば つhttp://www.nicovideo.jp/watch/sm14984704
OSTは円盤特典で、CD単体が一般発売されているわけではないので集めようとしたらヤフオクなり駿河屋を使うしかないですね(^^;
あんなにいい曲あるんだからこのマーケティングには惜しいなあと悔やまざるを得ませんが;;
―――

まじですかああああああああああああああ円盤特典だけなのですね……ありがとですー。

販売してくれたら、それなりに需要あると思うのに! これが資本主義ってやつですかばかーw













         template by SEO