アニメ.エ口ゲーなどの感想が多いです。 ↓メニューバーです

TOP > 体験版レビュー > すきま桜とうその都会、体験版レビュー

    WS000191
    すきま桜とうその都会


    体験版の評判が良いと、風の噂で聞いたのでとりあえずやってみた!

    世界観いいなぁ


    うそつきだけが暮らす桜の街。『桜乃』(さくらの)
    こっちの世界では、心も体も凍えてしまう冬の季節だというのに、『桜乃』では一年中桜が舞っている。
    そこには、なんらかの事情を抱えた者が行きつくうそとほんとの場所なのだ。
    主人公と妹の桜良が、迷いこんでしまうところから物語は始まる。


    なんというかいろいろメタ的。


    WS000192
    「桜が舞う」というのは、もちろん「春」を表している。
    春はあたたかく、生に対して「始まる」イメージを持つ。
    その反対の「冬」。
    心に重くのしかかる悩み・事情というのは、冬という「終わり」のイメージの裏表。
    「冬」の場所から「春」場所に移り変わるのはそういう意味を込めてると思う。

    だから、そんな彼らが迷い込んだ「桜乃」は ここちよく、やさしい。





    日常バートに魅力がない


    突出して会話劇が面白いというわけじゃない。でも淡々としてるかといえばそうでもない。
    ひどいわけじゃない。
    じゃない、が。
    ちょっと内容が普通すぎる・・・のか?
    話の中では盛り上がってるのに、こっちは盛り上がれないような感じだった。

     それと大好きになるキャラがいなかった。
    キャラの個性はそれなりにあるんだけど、どうもしっくり来なかった。
    これは個人的に大問題だ!
    好きなキャラがいないギャルゲーなんて、牛丼のメインである牛肉がない状態とかわらない!!そうタマネギとご飯しなかい牛丼なんてもうタマネギ丼だよ!もうネーミング詐欺だよ!!\(^o^)/

    強いて言うなら、ちょこと桜良が第一候補かな/(^o^)\ナンテコッタイ
    WS000199
    WS000197



    最後の最後の伏線回収が衝撃的


    なるほど。
    体験版で泣いた人がいると聞いてたがこういう理由だったのか、納得。
    自分もぐっときてしまっったよ!
    これは最後までやらないと、評価できないタイプの体験版。
    製品版楽しみです。
    ただ購入するかは、評価が高かったらかなー

    発売日は6月24日!!つまり今日だ!!!


    参考




    ● 記事を共有する


    よく読まれている新ブログの記事。

















トラバ














         template by SEO