アニメ.エ口ゲーなどの感想が多いです。 ↓メニューバーです

TOP > ライトノベル > 竹宮ゆゆこの新作!ゴールデンタイムを読んだよ!

2011/06/29

竹宮ゆゆこの新作!ゴールデンタイムを読んだよ!

Category:ライトノベル

Keyword:

    ゴールデンタイム

    「わたしたちの田村くん」「とらドラ」と全巻読破してきた、
    わたしとしては読まずにはいられないゆゆっちの新作!

    と、いってもこの本が出たのって去年の9月。 THE・2010年の9月!
    そう!!あと二ヶ月で発行から一年という時間が経とうとしている・・・ヽ(>ヮ<)ノ

    本当はもっとはやく読みたかったんだけど、積ん読が重なり―――orz
    と、とにかく思ったことをみょーんと書いていきます!

    主人公・・・んなのいたっけ?


     
    舞台は大学!
    晴れて大学デビューした、多田万里が出会ったのは、圧倒的なお嬢様オーラを放つ女性。
    名前は、加賀香子。
    彼女は万里の友達でもある幼馴染みの柳澤を追いかけて、同じ大学に入学してきたという。
    そんな眩しくも危うい香子が気にかかり、放っておけない万里だが―?
     




    読み進めていくと、視点がなんとも面白い。
    友達の柳沢がヒロインに求婚されている状況を、主人公の万里が遠巻きに見ているのだ。
    柳沢が香子のことを愚痴ってきたり、彼らの修羅場に立ち会ったりと。
    万里にヒロインがまったくもって関わってこない!序盤はね!!
    なにこの第三者目線!

    ヒロインが見向きもしないんてよくあることだけど、じゃなくて他に好きなやつがいるなんて!

    ・・・いや、とらドラもこうだったな(° o°)
    ・・・・・・・万里まじワキヤク!!



    とらドラの時と同じで



    アニメとかラノベとかの、ヒロインって”必ず”スキになってくれるお約束みたいなのがある。
    今は嫌われていても、物語が進めば絶対に自分のことを好きなってもらえる。
    相思相愛の関係になっていると。

    だから三次元のツンデレはメンドクサイけど、二次元は許容できる。

    でも、「ゴールデンタイム」はそういう前提が初めから取っ払てる。
    加賀香子は、小さいころから柳沢のことが大好き。
    結婚を本気で望んでいるし、柳沢がいない人生なんて無価値だとすら思ってる。
    つまり、万里のことなんか眼中にない。 
    そんな状況なのに香子が気になって仕方ない万里。

    どういう風に展開が進んでいくのかがわからない。
    なんかこういうのは、ワクワクする。



    あ、あれ?挿絵がない



                         (゚д゚; )
              <⌒ヽ_ /ヽ-、__ノヽノ |
            /<___ノ/____/ <; <;
             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                       (゚д゚; )
              <⌒/ヽ-、__ノヽノ |
            /<_/____/ <; <;
            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              ∧∧
             ( ・ω・)   Σ(゚д゚ )
             _| ⊃/(___ノヽノ |
           / └-(____/ <; <;
              ∧∧
             ( ゚д゚ )      ( ゚д゚ )
             _| ⊃/(___ノヽノ |
           / └-(____/ <; <;


    読んでる途中は気づかなかったんですが、これ挿絵がない!
    口絵はあるけど、挿絵ないよ!!

    あれ、イリヤの時はどうだっけ?
    もしかして駒都 えーじさんのときは、挿絵ないのがデフォなのか?!

    ラノベには挿絵があるもんだと思ってたよ( ̄^ ̄)ビックリ



    おわりに



    一巻の出来が良かったので、次巻かなり期待!!

    ・・・
    ・・え?・・・・

    ・・・なに・・・・もう二巻なんてとっくの昔に出てるとな・・・?


    オーケー!近いうちに二巻、買ってくる( ̄^ ̄)ゞ

    参考

    ゴールデンタイム〈1〉春にしてブラックアウト (電撃文庫)
    竹宮 ゆゆこ
    アスキーメディアワークス
    売り上げランキング: 15116


    ● 記事を共有する


    よく読まれている新ブログの記事。

















トラバ














         template by SEO