アニメ.エ口ゲーなどの感想が多いです。 ↓メニューバーです

TOP > 今日見たアニメ > 真広の前提が吹き飛んだね!面白くなってきた!:絶園のテンペスト 第八話。 他

     絶園のテンペスト 8話魔女 (19)

     

    だよね、やっぱりそうなるよね、いつか必ず物語のどこかで、真広が葉風に協力している動機を吹き飛ばすとは思ってたけど、こう来たかっ!

     

     

     

     

     

    第八幕「魔女を断つ、時間」

    絶園のテンペスト 8話魔女 絶園のテンペスト 8話魔女 (1) 絶園のテンペスト 8話魔女 (2) 絶園のテンペスト 8話魔女 (3) 絶園のテンペスト 8話魔女 (4) 絶園のテンペスト 8話魔女 (5) 絶園のテンペスト 8話魔女 (6) 絶園のテンペスト 8話魔女 (7) 絶園のテンペスト 8話魔女 (8) 絶園のテンペスト 8話魔女 (9) 絶園のテンペスト 8話魔女 (10) 絶園のテンペスト 8話魔女 (11) 絶園のテンペスト 8話魔女 (12) 絶園のテンペスト 8話魔女 (13)絶園のテンペスト 8話魔女 (15) 絶園のテンペスト 8話魔女 (16) 絶園のテンペスト 8話魔女 (17) 絶園のテンペスト 8話魔女 (18) 絶園のテンペスト 8話魔女 (19)

     

     

     

     

    真広はこれからどうするんだろうね?

    絶園のテンペスト 8話魔女 (7)

    今回の第八話で、真広が葉風に力を貸している動機が揺らいでしまった。鎖部左門の言っていることを信じるなら、もう葉風はこの世に存在しない。なら葉風と真広が交わした契約は、もう意味をなさない。

    真広にとって「愛花を殺したやつを見つけられない」葉風になんの存在価値もないからだ。

    いやほんと真広はどうするんだろう。
    ・・・いや決まってるか?

    彼はその手にした銃をぶっ放すに違いない。苦労してここまで来たんだ、もう葉風に価値がなかろうと、世界を壊せるなら壊しちゃうんじゃないか?

    物語の中に拳銃が出てきたら、それは発射されなくてはならない

    via.1Q84




    予告を見る限り、吉野と真広の仲違いは各自の思想の違いで起きるんじゃないかと。


    世界の抑止力

    絶園のテンペスト 8話魔女 (3)


    はじまりの木の特質としては、不完全を完全に、不正を正すものだと思ってます。
    つまり「世界の抑止力」という概念に当たるんですかね?

    作中で葉風も語っている通り、真広が葉風と契約をしなければここまで順調に事態は進行しなかったと言っています。


    世界をどうとも思わない真広がいたからこそ、葉風の計画は盤石なものとなった。真広が”世界をどうとでもよくなった”のは愛花が死んだからですよね。

    ともすれば、愛花を殺したのは「はじまりの木」または「葉風」が殺したということにもなります。はじまりの木が世界の抑止力として働いているなら、因果を書き換えるのや時間を超えるのだってわけはないでしょう。

    真広がマグを使って、愛花の殺害現場から殺した相手の情報を引き出しす回がありましたよね。ウル覚えなんですがあのとき「鎖部一族のものと関係している」といっていませんでしたっけ。・・・・・・真広のラス敵は、葉風になったりするのかもしれない。

     

     

     

    ハヤテのごとく! 9話 CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU

     

    ハヤテのごとく! 9話 ハヤテのごとく! 9話 (1) ハヤテのごとく! 9話 (2)

    なんか前回の8話からいきなりファンタジー色が強くなってきたんだがどうなってるんだ。はやてってこういうシリアス的な異能ストーリーってやるものだっけ?

    個人的にはコメディ的なシリアスはあっても、こういうのは・・・うむむどうなんだろうか。面白おかしい路線のハヤテのごとくが好きなんだけどなorz

     



    ● 記事を共有する


    よく読まれている新ブログの記事。

















トラバ














         template by SEO